BLOG

ブログ

 

こんにちは。ササキミサトです。

若年層向け研修を担当していて思うのが
「ベクトルの向け方」についてです。

自分だけ居心地が良いように、
あたり障りのないように
なるべくバトンが回ってこないように

そんな風に考えている人が
多い印象です。

 

でもこれは
もしかすると「若年層」だけでなくて
どんな世代でも当てはまるかもしれません。

ベテランでも
管理職でも
ベクトルを自分に向けてばかり
という方も
中にはいらっしゃいます。

 

 

社会に出て働くと
チームで行動することや
いろんな人との関りが出てきますから
自分にばかりにベクトルを向けていると
物事がなかなかうまく進みません。

 

 

相手は今何を求めているんだろう?
この先輩には、こう伝えた方がわかりやすいかな?
この指示の意味は、こういう解釈で正しいかな?

など、
相手へベクトルを向けて発信・行動を考えること。

 

ここが出来てくると
少しずつ動きやすくなってきます。
連携も取れてくることでしょう。

 

大丈夫。
あなたを輪に入れてくれる先輩上司はたくさんいるはずです。

相手へベクトルを向けてみて
仕事に取り組んでくださいね。

 

 

 




◆◆◆ 無料の公式メールマガジン ◆◆◆
講師の・講師による・講師のためのメールマガジン

【ササキミサトメールマガジン】

関連記事一覧