「講座の時のトークは、いつも作戦を立ててるんですか?」

とお客様に聞かれたことがあります。

作戦は立ててません。(笑)

でも、講座の時に気にしていることは、山ほどあります。

聞き取りやすい声で届いているだろうか?(声量も明瞭さも含)
笑顔がちゃんと笑顔になっているだろうか?(張り付いた笑顔になっていないかなど)
ヘラヘラしていないだろうか?(崩すところと真面目に伝えるところのメリハリ)

などなど、たくさんあります

ただし、マスク着用の今。
距離を取られない講座の場合は、
受講者さんはもちろんのこと
講師の私もマスク着用で
お話しするときがあります。

そのときは、
より表情がわかるように気をつけています。

目と眉で表情が伝わるよう、
最後列の人たちもわかるくらいを目安に。

笑顔は笑顔で伝える。
悲しみは悲しい表情で伝える。

顔立ちは残念ながら変えることが出来ませんが(涙)
笑っているのか泣いているのかボヤけてわからないより、
一番後ろの人にもわかるくらいの、
表情豊かな講座を目指したいと常に思っています。

あなたの講座、無表情になってませんか?

 


◆◆◆ 無料の公式メールマガジン ◆◆◆

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】