こんにちは。ササキミサトです。

欲しいモノ・サービス
気になるモノ・サービス

こういったものがあったとき
ネットで調べても、
文章を読んでも

「イマイチわからないなぁ」
「私の場合はどうなんだろう?」

もっと”自分だったらどうなのか?”
知りたい気持ちになります。

そんなとき、
見ているホームページやチラシ広告に
「問い合わせ電話番号」が載っていると
直接電話して聞いてみる行動に移る人が
一定数、必ずいます。

知りたいことを”会話”で知ることが出来る
人の声で知ることができる

期待して問い合わせ電話をします。

そのとき、
ホームページに書いている文章と
全く同じ言葉を繰り返されると、
「いやいや、それはわかっているんだけど・・・」
と、モヤっとした気持ちになります。

わからないから電話をしている。
だから、かみ砕いて説明が欲しい。
わかりやすく説明をして欲しい。

電話をかけた人の思いを
電話応対をする人たちは
理解し、
受け止め、
向き合うことが大切です。

問い合わせをした方の気持ちを汲み取り、
ほかの言葉に置き換えた説明、
わかりやすい例え、
聞き取りやすい話し方だと、
買い手の立場になって考えてみると
商品購入・サービス購入に前進しますよね。

そして、
「ここの会社はとても丁寧な人たちなんだ」
「買い手の気持ちをわかってくれる」
「良い人が揃っている、素晴らしい会社だ」
と、会社・お店のイメージがグンとあがります。

問い合わせ電話に、
ただ用意された言葉で答えるより、
一つの接客のシチュエーションだと思ってみてください。

数あるホームページ・チラシの中から
運命的に出会って、
時間を割いて問い合わせをしてくださってるお客様との
”出会い”を大切に、
電話応対をしてみてくださいね!


◆◆◆ 無料の公式メールマガジン ◆◆◆

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】