こんにちは。ササキミサトです。

講師業の私たちは、
毎回新たな出会いや再会を繰り返しています。

何かチラシを見て会場に足を運んでくださった方。
たまたま見かけたSNSやホームページの投稿を見て
参加表明してくださった方。
他者からの紹介があり、参加した方。
講師自らが仲間内に宣伝をして、協力するために参加した方。

背景はそれぞれ別だとしても、
共通点があります。

それは、「貴重な時間とお金を割いてその場に来てくれている」ことです。

新たな出会いじゃなくても、
久々に会う人が講師をつとめる講座だからと
参加してくださる方もいるでしょう。

「この日●●という講座をやるんだけど、どうですか?」と
声をかけられて、参加する方もいるでしょう。

関係性はどうであれ、
相手は貴重な時間とお金をいただいていることには
変わりありません。

この話を講師養成講座ですると、
「私は講座を無料でやってるので該当しません」
とご意見をいただくときもあります。

しかし、これは何も
「講座料」「セミナー料」「講師料」だけに
当てはまるわけではありません。

その会場までの移動に使った電車代、駐車場代。
かかってますよね。
もしかしたら、ほかの予定を調整して、工夫して
予定をずらしている方もいるかもしれません。

「無料でやってる講座だから」
「タダでやってるから」と
受講者さんの背景をシャットアウトしてしまうのは、
なんともさみしいなと感じていしまいます。

講師は相手(その講座を受講する人々)が
どんな背景でその場に来てくれたのか、
どんな思いを抱いているのか、
「想像力」が大切。

想像を巡らせることで、
講座内容に集中し、
目の前の相手のことに一生懸命になります。

これ、逆の立場(自分が受講する側)になると
よくわかりますよ。

目の前の方に丁寧に、心を込めて伝える。
講師業をしているからには、この気持ちを大切にしたいですね。


◆◆◆ 無料の公式メールマガジン ◆◆◆

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】