こんにちは。ササキミサトです。

私の好きなテレビドラマのシリーズ「相棒」の
シーズン18が始まりました。

水谷豊さん扮する杉下右京と、
反町隆史さん扮する冠城亘。

シーズン14からペアになったお2人。

個人的な見方ですが・・・

杉下右京がどんどん前へ進めていくのに対し、
「ここ気になるな」とか、
「ここ調べた方がいいな」と
横に広がる視点を、
冠城亘がフォローしているイメージがあります。

相手がどう考え、何を行動するか、
想像を膨らませながら
自分に出来る行動をする。
冠城亘、大好きです(笑)

で、私にとっての「相棒」って何かな~と考えると、
講座やプレゼンのときは
きっと「資料」「スライド」が当てはまると感じます。

講師・スピーカーが言葉で足りない部分を
視覚的に補足、誘導してくれる。

百聞は一見に如かず
なところを、きちんと補ってくれる。

私は毎回、
本当に助けられていると感じています。

だからこそ、
あれこれ「相棒」と相談することが多いです。
・資料は最後列の人まで読みやすいものなのか
・講師やスピーカーの話を聞きながら読める分量か
・色合いは適切か、バランスはどうか
・グラフやイラストに置き換えることは出来るか
などなど。
いわゆる、”捜査会議”ですね(笑)

でも、いざというときに必ず助けてくれます。
だから、定期的に見直すことで、
聞き手が理解を深めやすいものに生まれ変わります。

皆さんの講座・プレゼンでの「相棒」
もう一度”捜査会議”して、信頼関係を磨き上げてみませんか?


◆◆◆ 無料の公式メールマガジン ◆◆◆

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】

◆◆◆ NEW!!CDセミナー情報 ◆◆◆
10月29日、最終号のリリースです!