こんにちは。ササキミサトです。

電話対応講座のときに
よく”キャッチボール”に例えて話をします。

投げる
受け止める
また投げて、返す

顔が見えないコミュニケーションだからこそ、
相手に言葉を投げかけ(ボールを投げる)
相手の言葉を受け止め(ボールをキャッチする)
その言葉に沿う内容でまた言葉を投げかける(ボールを返す)
このやり取りが非常に大事ですし、
基本でもあります。

中でも、最も大事なのが

・相手の受け止めやすいところを考えて投げる
・しっかりと受け止める

という、相手を意識した思いやりの気持ちだと思います。

ピッチャーとキャッチャーであれば、
投げる役割・受け止める役割 のそれぞれの役割があります。

でも、コミュニケーションの役割は、
言葉を投げかける人・受け止める人、それぞれの役割を
互いが担っていかなければなりません。
その都度役割が変わってきます。

だからこそ、相手がどの位置だったら受け止めやすいのかを考えて
言葉を投げかける。
その言葉をしっかりと受け止めたよ、という姿勢・相槌を示す。

「相手があってこそ」の行動だったり、思いやりだと感じます。

電話対応のキャッチボール、意識してみてくださいね。


◆◆◆ 無料の公式メールマガジン ◆◆◆

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】

◆◆◆ NEW!!CDセミナー情報 ◆◆◆

毎月29日、講師業を応援するCDを販売中。
6月29日にリリースするvol.32は
「講師の成長ヒントは、受講者にあり!」
をテーマにお届けします。