こんにちは。ササキミサトです。

先日札幌市内にて、
某企業様向けにコミュニケーションの研修会を行いました。
お集まりいただいたのは約30名の皆様。

冒頭に「どんなコミュニケーションを想像して参加したか?」を
質問したところ、
参加者ごとに違う”シチュエーション”や”相手”がありました。

ある方は、自分よりも年下の社員との会話に
迷いがありました。
「どのように会話を広げたらよいだろうか」
そんな思いがそこにありました。

またある方は、上司とのコミュニケーションについてを
想像して研修会に参加されました。
「忙しそうだから、話しかけにくい」
そんな風に感じていたそうです。

また一方で、
「せっかく話しかけたのに、冷たい態度だった」経験があることから
人との会話が億劫になってしまった経験がある方もいました。

「コミュニケーション」と一言でまとめても、
想像する光景は、十人十色。
思いも、お悩みも、人それぞれ。

だからこそ、
コミュニケーションをテーマにした
講座や研修をおこなう私たちとしては、
日々の積み重ねが大切と感じます。

●自分がどのように感じたか
●自分がどのように工夫したか
●どんな失敗をしたのか
●相手はどんな行動だったのか
●周りはどんな状況だったのか

など、自分自身と相手や状況を観察することで
見えてくるものがたくさんあります。

毎日を大切に積み重ねることで、
得られることがたくさんあります。

まずは、焦らず自分自身と向き合って見ること。
ちょっと別の角度から自分を見てみることって大事です。
イメージとしては「観察する」が当てはまります。

もしモヤっとしたり、
「こういう場合、どうしたら良いかな」と戸惑ったり
「話しかけるのに躊躇するなぁ」と感じた時は
ちょっとだけ自分自身を「観察」してみてはいかがでしょうか?

自分自身の視点だけでなく
新たな視点を取り入れることで
心が晴れやかになりますよ。


◆◆◆ 無料の公式メールマガジン ◆◆◆

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】