こんにちは。ササキミサトです。

7日は年明け最初のセミナーでした。

連休明けで大丈夫かな~と不安要素があったので
前々日からいつもより入念にリハーサルしました。
当日は細かい反省点はたくさんありますが、
なんとか無事終了。

不安があったり自信がないときこそ、
より丁寧に・入念な事前準備を!
改めてそう感じた2019年のセミナー始めでした。

 

自己紹介で話した内容が相手に伝わらないとき

先日、このようなご相談を受けました。
「人に自己紹介をしても、後でまた質問されて同じことを答えることが多く、なぜわかってもらえないのか不思議です」

初対面の人同士で自己紹介をする場面は
わりと多くありますよね。

仕事でいうと名刺交換のときとか、
コミュニティに新たな仲間が入ってきたときにも
自己紹介をしあったりします。

あとは、お子さんが通う幼稚園や学校の行事で話し合いをするときも
自己紹介を促されたりするケースもありますよね。

私が自己紹介の講座をするときに必ずお伝えしているのは、
「全部わかってもらおうとしない」こと。
最初から最後まで、話した内容すべてを覚えてもらおうとしないことです。

自分自身のことを振り返ってみてください。

誰かの自己紹介を聞いて、話した内容一言一句覚えることって
難しくありませんか?

私の場合は、お名前を覚えることに必死だったりします(笑)

人数が多ければ多いほど、それは難しさレベルがアップします。
だから「自分は相手に伝えたから、相手はわかってくれているだろう」
の思い込みは、捨てました。

・名前だけ覚えてもらえるように
・職業だけでも覚えてもらえるように

話す前に「伝える項目」の目標を決めて、話すように心がけています。

自己紹介したことを全部覚えてもらえなくても、
名前を憶えてもらえただけで「●●さん!」と話しかけてもらいやすくなります。
職業を覚えてもらえただけで、仕事内容を詳しく質問されるきっかけになったりします。

話しかけてもらうための種まきが成功します。

なので、自己紹介がうまくいかなかったり、
伝わらないな~と感じたときは、
この部分を一度考えてみてくださいね。

 

◆◆◆ 無料の公式メールマガジン ◆◆◆

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】