今まで仕事で電話対応をしたことがない方にとって
目の前の電話がリリリーンとなり
いざ、受話器を手に取るときは
とても緊張される瞬間だと思います。

会社へかかってくる電話の多くは
社内の誰かに対する取次だったり、
伝言をお願いされたりする内容です。

まずはこの3点を意識してみてください。

・誰からかかってきた電話なのか
・誰宛の電話なのか
・用件はどんなことか

聞き入るだけでなく、
手元でメモを取ることを癖づけると
聞き違い防止にもなります。

会社にかかってきた電話だからと言って
焦ることはありません。

きっと自宅にかかってきた電話には
あなたも落ち着いて電話に出ていることでしょう。
「誰からかな?どんな用件かな?」と
聞こうとする姿勢で電話に出ていると思います。

会社でとる電話も同じです。
まずは相手がどんなことを求めて電話をしてきたのか
しっかりと耳を傾けてくださいね。

◆◆◆ CDセミナー情報 ◆◆◆

毎月29日に、講座講師の皆様のブラッシュアップ用
CDセミナーをリリースしています。
12月29日リリースは、「2019年のトレンド予測」です。

 

◆◆◆ 無料の公式メールマガジン ◆◆◆

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】