「実るほど頭の垂れる稲穂かな」
私が心得ている言葉です。

その事柄について知っていたとしても
経験を積んでいたとしても
まだまだ知らないことはたくさんあります。
だから、「私は知っている」と言う自信を持ちながらも
「まだまだ成長過程」と心得ています。

でも、人と話をしていると
この思いが「遠慮」として湧き出てきたり、
「謙遜」の気持ちが出てきたりと
自分の感情の取り扱いに迷う時もあります。

私自身は「遠慮」していたとしても
人によっては「的を得ない回答」「気持ちが伝わらない」と
感じることもあるでしょう。
私自身が「謙遜」する気持ちを伝えたとしても
人によっては「自信がない人なのかな」「言葉を受けめてくれない」と
思う人だっているでしょう。

いくらあれこれ考えて言葉を発したとしても
自分が思っていることは
100%相手に伝わるのは難しいです。

だからこそ、日々の行動だったり
相手のことを考え、受け止めやすい言葉って何かなと
考えることって大事だなと感じます。

行動と言葉がウラハラなら、相手は確実に戸惑います。
行動と言葉が一致することで、相手との信頼関係が結ばれます。

自分の行動を振り返る時
こんな部分を考えながら、少しずつ前へ進むことを
私自身は意識しています。

******
電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】