「人に譲る」という行為は
自己成長につながっているなと感じます。

”電車で席を譲る”も
自分が疲れているのに、
誰かのことを思ってその人が楽できるために
譲ります。
そこには、我慢の気持ちと共に
「相手のために」という目線がありますよね。

仕事でコツコツと積み上げてきたものを
後輩や部下に任せる時も同じ。
新たな価値観の元に
自分が積んできたものが磨かれる期待感。
育てる意識がそこにあります。

でも、本音をいうと
「譲りたくない」ってあると思うんです。
その感情だけで動くのか?
冷静に自分と向き合って決断をする。
そこには、自己成長が必ず待っています。

自分が持っているものが無くなる
ではなく
新たなチャンスが巡ってきた。

そう考えると「譲る」ことも
ポジティブに考えられますよね。

******
電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】