会場の大小で、講師の ”伝え方” が変わります。

いや、正確に言うと、変えなければなりません。

受講者が5名以下の少人数で、

1つのテーブルを囲んで行う講座であれば、

満遍なく声はほぼ届くでしょう。

だから、日常生活と同じボリュームでも、

ほぼ問題はないのです。

でも、会場が広い・人数が多い・マイクなし であれば

講師は最後列の人まで届くことを意識してみましょう。

わかりにくければ、最後列の人に

「聞こえてますか〜?」と聞いてみましょう。

聞いてみることは、決して格好悪いことではありません。

一つ一つ、聞き手の立場に立って考える。

意識の置き次第で、
きっと素晴らしい講座になると信じています。

****
講師力UP!を目指す講師のためのノウハウ満載。
『ササキミサトメールマガジン』好評配信中!