こんにちは。ササキミサトです。

部下や後輩指導者など、育成を担当している方と
お話する時に、
よくこういったお悩みを耳にします。

「一つ指導したら、別の部分がおろそかになる」

一個出来たら、別の部分が出来なくなってしまう。
もしくは、
両方大事だけど、片方にしか意識が向かない

と言う意味合いです。

例えば、コールセンターでオペレーションを例にすると
お客様と会話をしながら、
手元の端末で対応ログを入力したり、
必要資料を調べたり、
他の人たちと連携をしたり、
などなど、同時進行することが割と多くあります。

他のお仕事でも同じでしょう。
日常生活、特に料理をするときも同様。
野菜を切りながら、鍋で煮込みつつ、
待つ間に他の一品を作る。

同時進行、しかも、クオリティも求められます。

新人の頃は、この同時進行を行うことが
難しかったり、順序を工夫したりと
試行錯誤しながら覚え、学んでいく時期です。

すぐに育成担当の方と同じレベルになるのは
やや時間が必要かもしれません。

ただ、大切なのは、
「会社として提供するクオリティレベルをきちんと伝える」
しかも、言葉だけでなく
「同時進行のやり方の例を、具体的に示す」
「後輩たちがどのように工夫したのかきちんと見て、その考え方を知る」
コミュニケーションを取りながら
小さなハードルを、一つ一つクリアさせていくことです。

 

ハードル設定をどのようにするかは、育成担当の腕の見せ所。
後輩から学ぶことも、たくさんたくさんあります。
しっかり姿を見て、言葉を聞いて、自分自身の成長も楽しんでくださいね。

 

******
電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】