こんにちは。ササキミサトです。

「誰かに認めてほしい」
「褒めてもらいたい」

そう心で思ったり、
誰かと話している時に自分の頑張りを訴えてみたり

認められたい
褒めてほしい

そんな欲求は、少なからず誰にでもあると思います。

でも、
その欲求を「人にばかり」求めてしまうと、
満足するレベルが徐々に上がって
底なし沼のようになってしまうようにも感じます。

例えば、
電話対応であれば
「こんなに丁寧にわかりやすく話して”あげたんだから”褒めてよ」
「ありがとうの言葉を言ってよ」
さらには、
「アンケートに対応者が良かったと書いてくれたら、会社からの評価が上がる」
なんて風に、
どんどん求めるものが強くなっていきます。

人に認めてほしいと求めて、理想の言葉を返してくれなかった時
感情が乱れます。
なぜ?どうして?こんなにも頑張っているのに・・・・

これを、こんな風に視点を変えてみるとどうでしょう?
「自分で自分を褒める」
相手に求めるのではなく、
自分で自分の頑張りを褒めてあげる・認めてあげる

人の言葉を待つのではなく、
自分自身で行う方が、手っ取り早い。

そして、「もっと頑張ろう」「もっと工夫しよう」と
前向きに取り組むことができます。

また、言葉には返報性があるように
自分自身が使っている言葉が
相手からもかけてもらいやすい言葉と言われています。

普段から、相手のマイナスだけに目を向けるのではなく、
良い部分、すごいなと感じたところを直接伝える。
その言葉をかけることが、
相手の存在を認めることにもつながります。

人にばかり求めるのではなく、まずは自分から。
そんな風に考えられると、
もっと自分の人生が楽しめるんじゃないかな?と私は信じています。

 

 

******
電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】