私が「話が上手だな~」と感じる人々は
だいたい「聴き上手」です。

相手がどんな人なのか
どんな話をしようとしているのか
どんな話し方をするのか

相手に向き合って、目線を向けて聞き入り
自分で理解してから、
話はじめるからです。

双方向のコミュニケーションって
こういうことなんだなと感じます。

いくら流暢に、噛まずに、波に乗った話し方でも
相手がいるコミュニケーションのときには
その部分ってさほど重要ではないんですよね。

それよりも
相手が話しやすい配慮が出来ているか
相手の話をきちんと聴いているか
相手の話を受け止めているか

これは、
電話でも対面でも、お客様対応は勿論のこと
「人と話す」上で基盤になると私は感じています。

話し上手になりたいならば、
まず聴き上手になること。
自分がどのように相手の話を聴いているか、
今一度見つめなおしてみませんか?

◆◆◆ 無料の公式メールマガジン ◆◆◆

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】