”講師”のお仕事をはじめて、今年で16年になります。
初期の頃から自分自身の成長のために
続けていることがあります。

●(先方の許可があれば)ビデオ撮りor音声撮りをする
●いろんな講座、セミナー、研修に参加する

ビデオ撮り・音声撮りに関しては、
自分自身をチェックするために行なっています。

話の段取りはわかりやすかっただろうか
話のつなぎ方は違和感はないか
そもそも、声が出ていただろうか
一人暴走していなかっただろうか(笑)

などなど、
自分で自己チェックしています。

アンケートでお客様から知り得た部分とは別に、
自分で客観的に”受講者の立場”になって
見つめ直すことが、私にとっては必要だからです。

自己満足ではない、
相手が感じ取れる時間にしたい
そんな思いも込められています。

そして、いろんな講座やセミナーに参加することも
継続的に行なっています。
講師初期の頃は、毎週のようにいろんな講座に行きましたが、
今も時間が合えば積極的に参加しています。

これも、受講者の立場に立って考えるとともに、
自分自身の発見やアイディアをうみだすのに
講座・セミナーという場は
私の中では適しているからです。

自分自身を高めていくために
いろんな方法があると思いますが、
私の中では、
人から直接学びを得ることって
最高の空間ですし、刺激になります。
良いことも嫌なことも
いろんな「気づきの感情」が芽生えます。

本を読むことでアイディアが芽生える方もいれば
人と対面で話すことで得られる方もいるでしょう。

私の場合は「講座・セミナー」がそれに当てはまります。

皆さんにとって、
成長実感できる場はどんなところでしょうか?
どんなモノ・コトでしょうか?

ぜひお聞かせくださいね!

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】

◆◆◆ 最新セミナー情報 ◆◆◆

あなたが主催するイベントの参加者が、
笑顔で楽しんでいる光景を、
みんながイキイキしている様子を、
スマホで撮影する。

その写真を見た人が、
「次は自分も行ってみたい!」と感じる。

写真から、その会場にいる人たちの
イキイキとした姿
活気あふれる空間・熱量を伝えることができます。

今まで普通に撮っていたイベント写真を
”SNS映え”する写真に変えてみませんか?