私は普段、
「講師業」「社内講師」と接する機会が多いです。

講師として人前に立って話をする。
新入社員に仕事を教える。
話し方、教え方、伝え方のレクチャー。

など様々ですが、
私が身をもって感じていることは、

人は自分の経験したこと以上は語れない

と言うこと。

未経験・未体験のことを話す時って
内容がカッスカスのまま、想像で話す
もしくは
結局自分の知ってる(もしくは得意な)話に無理やり持っていく
しかないのです。

いくら高いお金を払ってテクニックを学んだとしても、
自分で身をもって経験していなければ、
人にアツく語ることは出来ないです。

例えば、
私自身食べたことがないドリアンの臭さを
どれだけ臭いか語ることなんて出来ません。

でも、こないだテレビでドリアンの臭さが
伝わってくるような表情・仕草・嫌がり方をされている
芸人さんをみました。

「わ〜本当に臭そうだな」
「これは大変だな〜」

すっごく伝わってきます。

ここまでは、この芸人さんや他の方の情報で
私も伝えることができると思うんです。

でも、又聞きの情報として伝えてしまうので、
本気の臭さは私の言葉では語れないです。

やっぱり、私も嗅いでみる・臭さを実感してみるを
やってみなければ、自分の言葉に出来ないなと。

・・・と、なぜ例えがドリアン・臭いものだったかは謎ですがw

それと同じで、
人前で話す、とか、人に何かを伝える、って仕事は
自分の経験がものを言います。

セミナーや講座で教わったことは
すぐに実践する。自分で試してみる。
先輩社員や上司から聞いたことも、
自分で確かめてみる。

この「自分が」を経験することで、
「自分の知識・体験」になります。

なので、たくさん経験しましょう!
アレコレ考えてやらずに終わるより、
やって失敗した方が、経験値が上がります。

人前で話す時のネタが増える♪
人生経験のレベルが1ポイント上がった♪

そんな風に考えたら、
チャレンジも失敗も怖くないですよね^^

 

◆◆◆ 最新セミナー情報 ◆◆◆

あなたが主催するイベントの参加者が、
笑顔で楽しんでいる光景を、
みんながイキイキしている様子を、
スマホで撮影する。

その写真を見た人が、
「次は自分も行ってみたい!」と感じる。

写真から、その会場にいる人たちの
イキイキとした姿
活気あふれる空間・熱量を伝えることができます。

今まで普通に撮っていたイベント写真を
”SNS映え”する写真に変えてみませんか?

 

◆◆◆ Vomy-C 公式メールマガジン(無料) ◆◆◆

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】