「自分の講座をもっとよくしていきたい」
「生徒に理解してもらうには、どう話したら良いか?」
「威厳を持った講師になるには?」

様々な思いを抱えた方が、
ご相談に来てくださいます。

個人事業で講師をされている方も、
会社員として社内研修をしている講師もいます。

みなさんスキルアップを目指しています。

私がご相談を受けるときに必ずお話ししていることは、
「受講者目線」を体感することです。

わかりやすくいうと、
他者・他社が開催する講座に行き、
イチ受講者として講座に参加することです。

きっと、最初は「講師の言動」にばかりに目が行くと思います。

話し方がわかりやすい・わかりにくい
あの口癖が気になる
ネクタイ曲がってるじゃん

などなど、
講師の仕事をしている私たちは、
最初は他の講師を厳しくみる傾向にあります。
”同じ仕事をしている人”ですからね。

でも、なんども他の人がおこなう講座に足を運んでいると、
受講者である自分自身に目を向けることが出来てきます。

なんか自然にアイディアが浮かぶぞ
すっと頭の中を整理出来た
グループワークがうまく出来た
帰宅後も実践できた

講師として、ではなく、自分自身の成長実感につながります。
受講者として経験・体感することで、
「なぜわかりやすかったのか」
「なぜアイディアが浮かんだのか」
「なぜうまくいったのか」を
掘り下げていくことが出来ます。

講師としてスキルアップしていきたいなら、
ぜひ他の人が講師をつとめる講座に
どんどん積極的に参加してみてくださいね。

■追伸■

11月にプロカメラマンを講師としてお招きし
講座をおこないます。
全国各地で登壇されている売れっ子講師ですから
みなさんの講師力をアップするためにも
学べることはたくさんあること間違いなし。
テーマは「スマホで撮影する写真の撮り方」です。
講座の様子を撮影するテクニックを学んで
SNSや宣伝に活用してくださいね。

 

◆◆◆ Vomy-C 公式メールマガジン(無料) ◆◆◆

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】