私が新卒で働き始めた頃、
慣れない東京の地でひとりぼっちだったこともあり、
まずは会社の人たちと仲良くなりたいと必死でした。

でも、上司から「仕事は友達サークルではないんだ」と一蹴され、
どんどん自分の殻に閉じこもり、
自分を開示することが怖くなりました。

次に就職した会社では、逆に
「私は仕事人間になるから、プライベートは明かさないぜ。謎な女でいこう」と
勝手にキャラを立てて、業務連絡や報告事項以外のことを一切話さない新人として働いていました。

昼休みも1人だし、飲み会にも参加しませんでした。

仕事以外で関わる必要性を感じていませんでした。

でも、仕事でミスしたときに先輩方がフォローしてくれたんです。

「きちんとコミュニケーションが取れていなければ、仕事にはならない。
普段のことをちょっと話すだけでも、コミュニケーションのきっかけになるんだよ」
と教えてくれました。

私は、自分の極端な考え方と自分本位を猛省・・・。

そして、初めて【協力して働くこと=協働意識】の大切さを感じました。

同じ会社で働くことは、個人プレーではなく目的が一緒であるチームプレーが大切。
上司でも後輩でも、少しずつ相手を知っていく努力。

そして、お互いが気持ちよく働くことが出来るように思いやりの心を持つことが、
チームとして働く上で大切なことなのではないでしょうか。

 

◆◆◆ 最新セミナー情報 ◆◆◆

笑顔がが伝わる風景
自分の商品をもっとよく見せたい、綺麗に見せたい方
一緒にスマホ写真マスターになりませんか?

 

◆◆◆ Vomy-C 公式メールマガジン(無料) ◆◆◆

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】