講座中、言葉を噛んでしまう。
噛み噛み。もう大変。噛みまくった。恥ずかしい・・・

そんな風に思ったことはありませんか?

実は、「噛んでしまう」こと自体、
講座受講者の立場で考えると
そこまで気にはなりません。

「講師の人でも噛むことがあるんだな」
「同じ人間なんだなぁ〜」と
逆に親しみを覚えることだってあります。

どうしても噛んでしまうことが気になるのであれば、
身振り手振りを効果的に使ったり
講師自ら実践したり、
資料をしっかりと作り込むことで
視覚的な部分から伝えることができます。
この視覚的要素が、「噛んでしまった」事実をカバーしてくれます。

実はこの「噛んでしまう」ことを心配する講師の方って
結構多いです。
でも、それと同じくらい多いのが、
「声が小さい講師」です。

最後列まで声は明瞭に届いていますか?

声が小さくて何を言っているかわからないと
受講者の立場で考えると
最初は、聞き取ろうと耳を一生懸命傾けます。
でも、途中から諦めてしまうこともあります。

せっかく時間とお金をかけてその場に来たのに
勿体無いことですよね。

だからこそ、講師は
「届いているだろう」
「聞こえているだろう」
「わかってくれただろう」
の思い込みで進めるのではなく、
最後列まできちんと聞こえているかどうか
自らチェックしていきましょう。

例えば、私が講座前に行っていることは、
●最後列にボイスレコーダーなどの録音機器を置き、声の通り具合を確認する
●必ずその場でチェックする
という感じです。

ボイスレコーダーはスマホに入っている場合も多いです。
機器を買わなくても、気軽に試せますよ。
ぜひ一度お試しくださいね。

 

◆◆◆ Vomy-C 公式メールマガジン(無料) ◆◆◆

講師の・講師による・講師のためのメールマガジン
【ササキミサトメールマガジン】

電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】