クレームには大きく分けて2種類あることをご存知ですか?

①実際にお叱りの言葉をかけてくださるお客様

②不安を持ちながら何も言わずに去ってしまうお客様

それぞれ対応策が異なります。

 

電話オペレーターでも、販売員でも、
実際にお客様と接するスタッフの立場だと、
お叱りを受けること自体、怖いと感じる方が多いのではないでしょうか。

しかし、
お客様がなぜお叱りになったのか、
なぜご不快な気持ちを感じたのか、
知るチャンスにもなります。

なぜなら、
日本人の多くは、②のお客様が多いと言われているからです。

なぜご不快な気持ちになったのか、
どの部分が満足できないのか、
この点を知ることで、
あなたの会社・サービスはもっと良くなるとしたら・・・。

知りたいと思いませんか?

クレームはサービス向上に向けたチャンスなのです。

 

そのクレームと向き合うための心持ちや、
もし実際にクレームが来た時の対応策など、
「まず何をしたら良いのか?」を
たっぷり詰め込んだ講座を行います。

こちらからご確認くださいね。

 

******
電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】