相手に対して何かを説明するときに、
数字を用いて伝えることで、聞き手はイメージを深められます。

 

例えば、

『ご注意いただきたいことが、3つございます』
『お手続きのために、3つご準備いただきたいことがございます』

のように、
・注意すべきことはいくつあるのか?
・手順はいくつあるのか?
を前もって伝えることで、聞き手は
「これから3つ注意して聞こう」と意識します。

 

また、

『●●駅より徒歩3分ほどで到着します』

のように、目安の時間を伝えることも効果的です。

「説明が長くなってしまう・・・」とお悩みの方、
数字を先に伝えてみてくださいね。

 

******
電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】