お客様からのご質問で
「~~ということで、大丈夫ですか?」
と聞かれると、思わず
「大丈夫ですよ」と答えたくなりませんか?

実は私自身も普段、
「大丈夫ですよ!」と
口頭で答えたり、
メッセージを送ったりすることがあります。

その相手との関係性
・対面接触が何度もある
・常連客である
・お互い名前を憶えている
などによっても「大丈夫ですよ!」と答えることで
意味合いが伝わり易かったり、
「そのように行動して良い」
「そのように受け止めてよい」が
わかりやすかったりもします。

しかし、初対面で、かつ電話対応の場においては
顔が見えないコミュニケーションのため、
微妙にニュアンスがずれて伝わるときがあります。

そのときは、
「大丈夫ですよ!」の言葉を
どのように言い換えたら良いか知っておくことが大事。

例えば、
「問題ございません」
「仰るとおりでございます」
「ご安心くださいませ」など
丁寧な言葉として伝えるには、
どのような言葉が良いか、
予め考えておきましょう。

もし「大丈夫ですよ!」と言いそうになったときに
咄嗟にメモを取り出せると、心強いツールになりますよね。

電話対応は、何事も準備が大切。
丁寧な言葉に置き換えるにはどうしたらよいだろう?
そう思ったときは、
一度メモにその言葉を書き出してみてくださいね。

******
電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】