他人に意見をするときに
愛があるものと、そうでないものがあると感じます。

もっと分解して言うと
●相手がもっと良くなるために、厳しい内容を伝える
●相手を蹴落とすために、否定することを言う
の違いなのかな、と感じます。

愛があって、相手がもっと向上するための厳しい内容であれば
その人は相手が聴きやすいような「言い方」を考える。
フォローをする姿勢が常にあります。

でも、相手を蹴落とすための、否定の要素が多ければ
一方通行な言い方で、
フォローも何もなく言いっぱなしになります。

もしかしたら、対象となる相手(聞き手)との関係性で
どちらになるのか変わるかもしれません。

でも、蹴落とすことばかり、
否定することばかり考えていたら
自分自身の成長にも繋がらないと私は考えます。

言い方を考えることは、「伝える」スキルを磨きます。
あえて厳しいことを伝えても、フォローする姿勢があれば
「思いやり」や「育てる」スキルが身に付きます。

人は誰でも、成長実感できると喜びを感じます。
自分だけでなく、相手にもその喜びを共有できる
コミュニケーションを心がけたいですね。

***ササキミサト インフォメーション***

4月20日(金)18:00~
「自社PRの話し方・伝え方」の勉強会

※詳細はこちらから

ありがたいことに、
残席3名さまになりました。
この勉強会にいらっしゃった方は、
「自己紹介で自分のビジネスをどうまとめて伝えたら良いか」
「自社PRで聞き手がわかりやすく話せるコツ」
を学ぶことが出来ます。

春になり、
新たなコミュニティや自己紹介の場に
参加する機会が増えてくる季節。

ぜひ「相手に伝わる話し方」を身につけ
自分の事業を拡げていきませんか?

勉強会終了後には、
美味しいお料理・お酒が待っていますよ!

お申し込みはこちらから承っています。
迷っている方、残席わずかです。
今がチャンスですよ!!

◆お申し込みフォームはこちらから