こんにちは。ササキミサトです。

とある衣料品店でのこと。
質問をしたくて店員さんを探しましたが
どの方も忙しそうに動いてらっしゃいました。
忙しい中申し訳ないなと思いながら、
近くを通った店員さんに話しかけました。

私:「すみません、ちょっと伺いたいのですが」
店員さん:「あ、はい」無表情
私:「ホームページで見た商品を探しているのですが、どこにありますか?」

見る見るうちに、眉間にシワがよっていく店員さん・・・

きっとわからないんだろうな。。。
「厄介な質問だ・・・」と思ったんだろうな。。。

 

顧客としては気を遣ってしまいますよね。
と同時に、不安にもなります。

店員も人間。
だから、わからないことがあると表情に出ることもあるでしょう。
でも、お客様はその表情を見て、
次もそのお店に通うのか、足が遠のくのか、
自然と決まります。

「フロアに出たら女優になれ」とは、新人研修のときに良く使われる例え。
ちょっとした表情も、お客様は見ています。
わからないことや不安なことがあれば、
メモに控えながら前のめりに質問を聞く姿勢を意識しましょう。

きっとお客様は、「わからないことを調べてくれようとしている」と嬉しく感じますよ。

まずは元気よく「いらっしゃいませ!」から笑顔で始めてみませんか?

 

******
電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】