問い合わせ電話をするときに、
こちらの質問をしっかりと理解しようと、積極的に聴いている対応者なのか、
忙しい中ちょっと面倒だなと、少し身を引きながら電話を受けている対応者なのか、
顔が見えなくても、伝わります。

 

それは、声のトーンによって、そう伝わるのかもしれません。
相槌で伝わるかもしれません。
言葉の選び方で伝わるのかもしれません。
きっと、対応者の気持ちが、知らず知らずのうちに
雰囲気に出ていることも考えられます。

 

それでも、電話をかけてくる方は、
何かを知りたくて電話をかけてくださいます。
あなたの会社を頼りたくて、電話をかけてくださいます。

 

会社を代表して、電話を取る。
あなたの言葉自体が、会社の印象そのものにもなります。

 

もし気持ちが落ちているときだったとしても、
忙しい最中にかかってきた電話だとしても、
気持ちを一度切り替えて、対応に集中しましょう。

気持ちの切り替えスイッチは、一度深呼吸することでもONOFF出来ますよ。
お試し下さいネ。

 

******
電話対応・職場コミュニケーションを円滑に!
【毎日1つスキルアップ!無料ビジネスコミュニケーションメールマガジン】