転職などで
新しい環境・新しい仲間たちとの出会いを迎える時に付き物なのが、
自己紹介です。

皆さんは、どんな自己紹介をされてますか?

話す前や、順番が回ってくる前は、
「何の話をしようかな?」
「どう話そうかな?」
なんて、どんな内容を話そうかと頭をフル回転しますよね。

時には、自分の生い立ちから経歴を全部話す方も
少なくありません。

でも、自己紹介は短い時間の中で、いかに覚えてもらえるかが勝負。
自分の中で出来上がっているストーリーを話すよりも
聞き手の方々がどんな話を聞きたいか?を考えることで
覚えてもらえるヒントが得られます。

 

例えば・・
新しい職場に入った時に、新入社員として自己紹介をするときは
前職ではどんなことをしていたのか?とか、
こんなことが得意なので、お役に立てると思います!とか、
これから共に働くからこそ、
役に立てるスキルや即戦力となる部分を簡潔にまとめておく。

※簡潔に、がポイント。長くなると飽きられてしまいます。

 

自分が話したいことより、相手が聞きたいこと。
自己紹介の時は、聞き手を意識した話を目指しましょう。