先日、仕事の都合である企業へ電話をしました。
担当者が不在だったため、
「(担当者の)携帯電話へ私からかけてみますね」と、
切電しようとしたときに、
電話越しの事務スタッフの女性が、私にこう言いました。

 

「先日いただいた福岡のお土産、ご馳走さまでした」
「お暑い中、ササキさんにはいつもご足労いただき、感謝しております」

 

実は、このスタッフの方とは1回くらいしか
顔を合わせたことがないのです。
(会社へ伺っても、担当の方と打ち合わせがほとんどなので)

とても明るく丁寧な、思いがけない一言に
ドキドキしちゃいました。
そして、とっても嬉しく感じました。

きっと、社内で明るいコミュニケーションがあるのだな~と
想像しながら、その日一日ハッピーな気持ちになりました。

 

 

大げさな言葉ではなく、
ちょっとした一言。
御礼や、ねぎらいや、気遣いの一言って、
相手の人にダイレクトにその気持ちが伝わりますよね。

 

私もこの一言を添えてくれたスタッフの方を見習って、
その後、「一言添える運動」をひそかに実施中。

 

皆さんも、今日誰かとコミュニケーションをとるときに、
相手を思う一言を添えてみませんか?