toggle
札幌で電話対応・コミュニケーション研修・講師養成なら Vomy-C ササキミサト
2017-07-02

[2017.7.2] 以心伝心も大切だけど


以心伝心
という言葉があります。

 

私は今まで
「言わなくてもわかるでしょ?」とか
「雰囲気でわかるでしょ?」という意味合いで
この言葉を捉えていたのですが、
きちんと意味を知ろうと、調べてみました。

 

Google で「以心伝心」とキーワードを入れて、検索したところ・・・

 

 

おっと。。。
私の捉えていたことと、やや違う意味合いが書かれていました。

私の捉え方は、相手がおのずと空気や雰囲気を読んで感じる(相手の行動)

でも、以心伝心の言葉の意味合いは、「言葉としてではなく、相手の心に伝える」ということなのか。

 

自分の行動や醸し出す雰囲気や、目配りなんかでも相手に伝えることが出来るときがある。

 

サッカー選手が、味方選手とアイコンタクトでパスと出したりつなげたりも、
きっとこの「以心伝心」なんだろう。

 

それには、日ごろから相手がどのような人物で、どんな思考や行動をしているのかを
観察したり、積極的に「知る」ことをしなければ、いざというときの「以心伝心」は難しい・・・

 

ということは、社員教育でもどれだけ日ごろからコミュニケーションをはかっているかがカギ、
先輩社員から積極的に「知る」行動をしているのか大事になると感じます。

 

指示を出さなくても、自発的に動ける人に育って欲しい。
自律した社員を育てたい。

 

そんなときは、「背中を見て育て」と相手に委ねるのではなく、
まずは自分から背中を見せていくことも、考えていきたいですね。

関連記事