電話での問い合わせは、急にかかってきます。
待ってすぐに鳴るものではなく、
パソコンで資料を作っている、ちょうどその時であったり。
新しい企画を立てていて、まさに良いアイディアが浮かんだ直後だったり。
不意にかかってくるのが、電話です。

 

だからと言って、電話の相手に
「せっかく良いアイディアが浮かんだところなのに、なんで電話してくるの??」
なんて言えませんよね。

私も過去に、
パソコンでの資料作成中、もう少しで終わる!というタイミングで電話が鳴り、
あーだこーだしているうちに、作成中の資料データが消えてしまったことがありました。
その時は、部屋の片隅で膝を抱え、途方に暮れたっけ・・・笑

 

それから、同じことにならないようにルールを決めました。
電話がなったら、
1)パソコンで作業をしている時は保存ボタンを押してから電話に出る。
2)企画が途中の場合は、箇条書きでキーワードを素早くメモする。
3)すべて、3コール以内に終えて、電話に出る。

 

最低3コール以内に電話を取るルールを決めて、
その中で作業中の保存・保管処理をする。
これを決めるだけで、慌てることがなくなりました。

困ったことがあったら、対処を考える。
実践する。

まずは出来ることからチャレンジしてみましょう。