中途採用の社員が入ってきた際、
「とりあえず電話が鳴ったら出てください」と、
電話対応から任せることがあります。

 

「転職してきたんだし、電話くらいは取れるだろう」

 

と思ってのこと。

 

しかし、電話対応は、その企業ごとに違います。

・名乗り
・どんな電話が多いのか
・誰に取り継ぐのか
・不在時はどう伝えることが多いのか

 

あらかじめ「予測されること」を伝えておくことで、
入社したばかりの社員が電話を取る時ヒントとなり、とても助かります。

 

 

また、中には電話対応自体と縁がなかった人も少なくありません。
「社会人なんだから、電話対応できて当然」
ではなく、そのチャンスや機会がなかった人もいるのです。

 

まずは仕事を託す前に、皆さんの方から声をかけてみませんか?
「電話が鳴ったら取って欲しいのですが、何か確認しておきたいことありますか?」
など、一言かけるだけでも不安が和らぐこともあるでしょう。

先入観ではなく、思い込みでもなく、
まずは聴いてみる、声をかけてみることから始めてみてくださいね。