部下に仕事を任せるより、
後輩に仕事を頼むより、
自分でやってしまった方が早い。

 

でも、そのままだと後輩は育ちません。

 

「よし、この仕事をやってみて」
と頼んだのであれば、
何かあった時は確実にフォローをする体制を整えてください。

 

任せられた後輩・部下は、あなたの思いに応えようとします。
でも、初めてのことはわからないことだらけ。

 

任せられた後輩・部下が、その仕事をやり終えるまでは
「引き継ぎ期間」と思ってフォローしてください。

 

ただ見守ることも大事ですが、
何かあった時に支えてくれる上司・先輩の存在こそが、
後輩育成には必要になるのです。