toggle
札幌でコミュニケーション研修・電話応対研修を行っています。24時間お問合せ受付フォームあり。
2016-09-03

[2016.9.3] 子育てしながら働くこと

我が家には2人子供がいます。
幼稚園年長の息子と、
年少の娘です。

息子が生まれた時、
私はまだ会社員でした。

産休・育休をいただき、
1歳になった時に復帰・・・
と考えていたのですが、
その直前に2人目を授かっていることが判明。

様々な事情があって、
退職することとなりました。

でも、ずっと働きたいと思っていて、
2人子供がいながらも、
今までの経験を生かしながら
自分らしく働きたい。

そんな風に考え、個人で事業を立ち上げました。

正直、時間的に融通がきくと思っていたのです。

でも、蓋を開けてみると、かなり大変。

幼稚園の預かり保育をフル活用させていただき、
セミナーや企業でのお仕事をしていますが、
時間通りに終わらないこともしばしば。

息子・娘は口癖のように、
「預かりじゃなく、園バスで帰られる日はいつ?」
と私に言います。

園バスだと、14時過ぎには家に到着します。
家でまったりするのが大好きな子供達。
その口癖を言われるたびに、
胸が痛みます。

働くようになってからは、
タイムマネジメントの重要性を思い知りました。

これは、
個人事業だからということではなく、
企業に属して働く社員の方々にも
同じことが言えるのではないでしょうか。

今やらなきゃいけないことを精一杯やる。
少し早めに着手して良いことを、やっておく。
先々のことを見越して、行動する。
いわゆる、「巻き」での行動を心がける。

保育園や幼稚園から、
「お子さん、お熱が37.8度です〜」と
留守番電話に入っていることだって十分ありえます。
その時は、仕事を切り上げて帰らなければならない。

だからこそ、
「巻き」で行動しておくこと。仕事の貯金を作っていくイメージです。

預け先の心配は、小さい子供を抱えるお母さんは
誰にでもあると思います。
だからこそ、社内でのコミュニケーションでどんなところを
気をつけ、大事にしていきたいか。

今回登壇させて頂く「笑顔で働きたいママ応援セミナー」にて
お話させていただきます。

お申し込み・詳細はキャリアバンクホームページにて。

関連記事